GrapeCity.JP 


DioDocs for PDF(GcPdf)は、PDF ドキュメントを作成、分析、変更できるクロスプラットフォームライブラリです。Adobe PDF 仕様に厳密に従ったオブジェクトモデルを持ち、PDF 形式のさまざまな機能に直接アクセスできるように設計されています。さらに、DioDocs for PDF には、プラットフォームに依存しない強力なフォント処理/テキストレイアウトエンジンなど、さまざまなハイレベルな機能が含まれており、PDF ドキュメントを簡単かつ便利に作成できます。 DioDocs for PDF のオンラインサンプルブラウザが... More information
これは、DioDocs for Pdf と DioDocs for BarCode に対してインフラストラクチャ、グラフィックスタイプとインタフェース、フォント処理、テキスト解析、レンダリング機能を提供する、クロスプラットフォームのライブラリです。 このパッケージは、これらのパッケージによって自動的に追加されるため、直接参照する必要はありません。
DioDocs for Excel(GcExcel)は、Excel に依存しない、小フットプリント・高速スプレッドシート API です。.NET Standard 2.0 を完全にサポートしているため、.NET Framework、.NET Core、および Xamarin でスプレッドシートを生成、ロード、変更、変換できます。このスプレッドシート API を使用するアプリケーションは、クラウド、Windows、Mac、Linux に展開できます。設計や要件に妥協を求めない、強力な計算エンジンと広範な機能を備えています。 このインタフェースベースの API は、Excel... More information
DioDocs for BarCode は、バーコードを作成するためのオブジェクトモデル、および作成したバーコードを GrapeCity.Documents.Drawing.GcGraphics 上にレンダリングするための拡張メソッドを提供する、クロスプラットフォームライブラリです。DioDocs for PDF は GcGraphics を実装しているため、これを使用して作成した PDF ファイルにバーコードをレンダリングできます。
これは、プラットフォーム固有のライブラリで、他の DioDocs パッケージを Windows 上で最適化されたシステム API と連携させることができます。Windows レジストリで指定されたフォントリンク、ネイティブ Windows イメージング API へのアクセスをサポートし、パフォーマンスの向上といくつかの機能の追加を行います。
これは、追加の定義済み CMap など、GrapeCity.Documents.Pdf にオプションのリソースを提供するクロスプラットフォームのライブラリです。このパッケージは、GrapeCity.Documents.Pdf によって自動的には追加されません。このライブラリを使用するには、このパッケージへの参照をプロジェクトに追加した上で、GrapeCity.Documents.Pdf.Resources.dll がランタイムディレクトリに存在することを確認するか、プロジェクトの初期化コードに以下の行を追加します。 GcPdfDocument.CMapProvider =... More information